FC2ブログ
飽ぎねで見ろじゃエブリデー
このブログは「よっさんエブリデー」がその時々のホットな話題についてあつく書き記す方針で掲載します。 よっさんエブリデーは主に日常生活・科学・流通経済系の話題でお送りします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院と薬局
本日三度目のよっさんです。


もういいって?
んなこといわんといて


今日、17時半ぴったりに仕事を終わらせて病院に行きました。
先週風邪引いてかかった病院です。


患者の脇に体温計が入っているのに聴診器を当てることができるとても器用なせんせーです。

のどの痛みが全くひけなくて超痛いのでその旨を話すと先生が


「ちょっと抗生物質変えてみましょう。」
だと。

「セキも出るみたいなんで、セキ止めも出しますね。」


うん。ぜひそうしてください。

あ、イソジン多めにください。


処方箋をもらって隣の薬局に行きました。

今は医薬分業でだいたい病院と薬局が分かれてますね。

それが今日問題でした。


薬局に行って処方箋を出しました。

程なくすると
「ジリリリリ~ン


薬剤師「はいはい、・・・ええ・・・うん・・・そうなんですよ・・・私もそう思って・・・200で3Tじゃないですよね・・・100で6Tですよね・・・ええ・・・今ないんですよね・・・調べたら・・・よっさんです・・・」


なーんて会話をしています。

おいおい、本人を目の前にして患者の話をすんじゃねーよ。

ブルフェンって薬の成分で、処方箋上は
「一日当たり200mgを3T」

と書いたんですけど、医者が薬局に電話してその容量が今あるかどうか確認していたんですね。

そして、今はないってことになって
「一日当たり100mgを6T」
に変更したんです。


しばらくしてから
「よっさーん」
って呼ばれたんで、薬剤師になんて言おうか考えてました。


「本人の前でんなこというんじゃねーよ」
「処方変えて大丈夫なんですか?」
「お薬大丈夫ですか」

上からきつい言葉→下はやわらかく

なんて言おうか迷っているうちに薬剤師が
「風邪まだひどそうですね」
なんて言葉をかけられたので
「ええ、まあ・・・」
って普通な対応だけしちゃいました。

結局例の件は言わずじまい。
ま、いっか


あの医者もういかねーや

やれやれ。。。

ボクが隣の薬局に行ったのでよかったけど、別なところで処方してたらどうなってたことやら。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 飽ぎねで見ろじゃエブリデー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。